診療時間
9:00~12:00
16:00~18:00

休診日:日曜日、祝日

  • 阪急総持寺駅より徒歩1分
  • JR総持寺駅より徒歩7分
  • お問合せは
  • 072-622-9110

白内障

白内障

白内障画像

人の目には水晶体という、カメラのレンズにあたるものが入っています。この水晶体が濁ってしまい、物が見えづらくなってしまうのが白内障です。水晶体が濁る原因は、たんぱく質の変性です。水晶体は水分とたんぱく質によって構成された透明な組織です。このたんぱく質が様々な原因で変性し、光がうまく通過せず視界に霞がかかったり、薄暗く見えたり、あるいは光が乱反射してまぶしく見えてしまったりと、視力に支障をきたしてしまう疾病です。

白内障を引き起こす様々な原因

白内障の大部分を占めるのが、「加齢性白内障」です。70歳以上では、5人に4人が白内障にかかっていると言われています。一種の老化現象で、高齢になるほど発症しやすくなります。個人差はありますが加齢に従って誰しも水晶体は濁ってきます。白内障にはこの加齢性白内障の他にも、様々な原因によるものがあります。

白内障の種類と原因

後天性の白内障

加齢性白内障
中年以降、高齢者に多く発症します。加齢による老化現象で、喫煙や紫外線も危険因子になると考えられています。白内障のほとんどが、この加齢性白内障です。
併発白内障
ぶどう膜炎、緑内障、眼内腫瘍、網膜剥離など、他の眼の疾病が原因となり、水晶体の代謝が阻害されるなどして発症するものです。。
全身疾患に伴う白内障
アトピー性皮膚炎や糖尿病など全身の疾病に合併するものです。アトピー性皮膚炎では、目の周辺のかゆみのため、目をこすったり叩いたりする行為が影響していると考えられ、網膜剥離にも注意が必要です。また糖尿病では、水晶体の中に特殊な糖や糖化物質が蓄積することで濁りやすくなるとされており、加齢性のものより進行が速いのが特徴です。
薬物性白内障
ステロイドの長期投与などで引き起こされるものです。ステロイドによって発生する活性酸素が水晶体のたんぱく質の変性を促進してしまうと考えられ、発症すると進行が早く、数カ月~1年で手術が必要になる場合もあります。
外傷性白内障
眼球の打撲や異物が角膜を貫通して水晶体を傷つけてしまう穿孔性眼外傷などで、水晶体に混濁がおこってしまい引き起こされるものです。
その他
X線などの放射線を浴びたり、赤外線などの熱エネルギーを受けることによっても白内障が起こります。特にガラス製造にかかわる職人さんに多く見られたことから、ガラス工白内障と呼ばれるものもあります。

先天性の白内障

風疹やトキソプラズマなどへの母子感染や、代謝異常等の様々な先天的原因で、乳幼児期までに発症する白内障です。視覚の発達に影響をあたえ、そのままにしておくと強度の弱視になる可能性がありますので、早期の発見、手術等の治療が必要になります。

白内障の症状と検査

白内障は水晶体が濁り、光が目に十分に、あるいはうまく届きづらくなることで発症しますが、濁り方や濁っていく速度は人それぞれのため、症状も人によって様々に異なります。

水晶体の濁り方として多いのは、周辺部の「皮質」から始まる濁りです。中心部に濁りが無ければ視力は低下しにくいですが濁りが次第に中心部に広がると、まぶしく感じたり、かすんで見えたりということが起こります。「核」から濁り始めると、屈折率が変わることから、一時的に近くが見えやすくなることもありますが、その後、かすみが現れます。

こんな症状があったら、白内障に要注意です

  • 視界に靄がかかって、ものが白くかすんでみえる。
  • 明るい場所でも、ものが薄暗く見える
  • 明るいところでまぶしさを強く感じる
  • 夜間の運転で対向車のライトや街灯の光、信号などがまぶしくて見づらい
  • ものが二重三重に見える
  • 急に視力が落ちた
  • 眼鏡やコンタクトの度数を変えても視力が改善しない

上記のような、「なんだか最近ものが見づらい」という感じを覚えたら、なるべく早めに眼科をご受診ください。白内障の検査としては測定機器を使った屈折検査、眼底検査、さらに細隙灯顕微鏡検査とよばれる、目に光を当てて水晶体の濁っている部分や程度を調べる検査等を行います。基本的に非接触型の検査で、体に痛みや負担はありませんので、お気軽に、一度検査を受けることをお勧めします。

白内障の治療

一度濁ってしまった水晶体は、残念ながら薬物療法などで元に戻すことはできません。ただ、日常生活に支障をきたさない程度の段階であれば、点眼薬で進行を遅らせることは可能です。しかしそれはあくまで進行のスピードを遅らせるもので、視力を回復するためには、手術を行う必要があります。

白内障が進行し、車の免許が更新できなくなったり、日常生活でも不便や危険を感じるようにんれば手術を考えることをお勧めします。進行した白内障は緑内障やぶどう膜炎を引き起こす可能性もありますし、糖尿病の方は眼底検査をしっかりと行うためにも白内障を治療しておくことは大切です。ただし、糖尿病網膜症を発症しているなど、他の病気がある方は、手術のタイミングを考えた方がよい場合もありますので、医師にご相談ください。

当院では、痛みが少なく、なるべく患者様に負担を掛けない、日帰り白内障手術を行っています。詳しくはこちらをご覧ください

日帰り白内障手術のページ

医院概要

院 長
奥野真知子
診療科目
眼科一般・白内障・緑内障・加齢黄斑変性・糖尿病網膜症・網膜静脈閉塞症・日帰り白内障手術・日帰り硝子体内注射・日帰り緑内障手術
住 所
〒567-0802 
大阪府茨木市総持寺駅前町5-32ハウスコエリII 1F
電話
072-622-9110
アクセス
阪急総持寺駅より徒歩1分
JR総持寺駅より徒歩7分
駐車場
専用駐車場2台完備(大阪府茨木市総持寺駅前町1-32 ハイムエーデルの1番と2番)
診療時間
9:00~12:00
16:00~18:00

休診日:日曜日、祝日

072-622-9110
このページの上へ