診療時間
9:00~12:00
16:00~18:00

休診日:日曜日、祝日

  • 阪急総持寺駅より徒歩1分
  • JR総持寺駅より徒歩7分
  • お問合せは
  • 072-622-9110

加齢黄斑変性

加齢黄斑変性について

加齢黄斑変性画像

目に入った光は水晶体、硝子体を通って、網膜で像を結びます。それが視神経を通じ、脳に送られることで映像情報を認識し、「ものが見える」という状態になります。この網膜において物を見る中心となる重要な部分が「黄斑」と呼ばれるものです。この黄斑の中心部分に「中心窩」というくぼみがあり、視覚機能において、非常に重要な役割を担っています。この黄斑、および中心窩に加齢による変性が起きることで、視力の低下を起こすのが加齢黄斑変性です。

加齢黄斑変性の特徴は、視野の中央が見にくくなる、ということです。ゆがんだり暗くなったりするため、見たいところが見えなくなります。しかし、当初は片方の目から始まることが多く、多少見えづらくても年のせいにして見過ごされてしまう場合もあります。欧米では中途失明原因のトップとなっており、日本でも増加傾向にあり、注意してみていかなければならない目の病気と言えるでしょう。

加齢黄斑変性の種類と原因

加齢黄斑変性の種類は脈絡膜新生血管を伴うものと、伴わないものの、大きく分けて二つあります。脈絡膜は網膜の外側にあり、血管が多く通っていて、網膜に栄養を送っています。そこに新たに異常に伸びてきた血管を脈絡膜新生血管といいます。加齢により網膜に関わる細胞の機能が衰え、老廃物が溜まってしまうことにより、炎症などが起こり、新生血管が発生します。この血管はもろいため、黄斑の組織内に血液や血漿成分が滲みだし、悪影響を与えます。

加齢黄斑変性の種類

滲出型加齢黄斑変性
脈絡膜新生血管から滲出した血液等が黄斑の機能を傷害して起こるものです。視力が低下したり、ものがゆがんで見えたり、中央部分の視野が欠けてしまったりします。病状の進行が速く、急激に視力が低下してしまうことも少なくありません。新生血管は最終的には活動を停止しますが、破壊された黄斑の組織は元に戻らないため、視力障害が残ってしまいます。
萎縮型(非滲出型)加齢黄斑変性
加齢により網膜に関わる細胞に老廃物が溜まることによって、次第に萎縮し、視覚に障害をもたらすものです。詳しい原因はまだよくわかっていません。病気の進行は遅いため、すぐに視力低下を起こすわけではありませんが、萎縮部分が中心窩にかかると障害があらわれます。また新生血管が発生して滲出型に移行する場合もありますので、定期的な検査が必要です。

そもそも、加齢黄斑変性を引き起こす原因としては、その名の通り加齢なのですが、喫煙も大きなリスクになることが知られています。喫煙により血液中の酸素濃度が下がり、また有害物質が黄斑を障害すると考えられ、喫煙の積算量が多いほど発症しやすくなるとされています。

加齢黄斑変性の症状と検査

加齢黄斑変性では、以下のような症状が現れます。

変視症ものが歪んで見える
中心暗点視野の聴診が欠けたり暗く見えたりする
視力低下はっきりとものが見えなくなる

これらの症状は片方の目から始まることも多く、視野を正常な方の目がカバーしてしまうので、なかなか気づきにくい場合もあります。滲出型は有効な薬物療法はありますが、数日から数週間という、病気の進行が速いケースが多く、早期の発見が必要です。一方、萎縮型は数カ月かけて進行しますが、こちらは薬物による治療法が現在のところありません。

加齢黄斑変性の検査法としては、日本眼科医会では見極める簡易的な方法として、「アムスラーチャート」と呼ばれる見え方のセルフチェックシートを公表しています。

アムスラーチャート

アムスラーチャート

片方の目でだけで、格子上の図の中心にある黒い点を見つめてください。眼鏡はかけたままで結構です。この時、黒い点およびその周辺が歪んで見えたり、中心が見えなかったり、格子の一部が欠けるなど見え方に異常を感じたら、すぐにご受診ください。

検査ではこの他に、下記のような検査を行います。

問診
いつから、どのような症状があるか、これまでの病歴や、現在治療中の病気(眼以外も含め全身)、喫煙歴、またご家族に同様の病気をお持ちの方がいるか、などを確認させていただきます。
視力検査
視力表により検査いたします。
眼底検査
検眼鏡を用い、眼底にある網膜の状態を調べます。点眼薬で散瞳する場合もあります。
網膜断層検査
OCT(光干渉断層計)という機器を使い、網膜の断面の状態を確認します。脈絡膜新生血管のために網膜が変形していないか、等を調べます。

加齢黄斑変性の治療

加齢黄斑変性の治療としては、現在、「抗VEGF療法(抗血管新生療法)」と「光線力学的療法(PDT)」の二つが主に行われています。

「抗VEGF療法(抗血管新生療法)」

新生血管の増殖や成長を促進する血管内皮増殖因子(VEGF)の働きを抑える薬剤を、硝子体に直接注射する治療法です。これにより新生血管を小さくし、成長を抑える事で、血液等の漏れを抑えます。早期の治療であれば、視力回復の可能性も高くなります。

当院では、この治療を外来の日帰りにて受けていただくことができます。

詳しくは日帰り硝子体注射のページ

「光線力学的療法(PDT)」

光に反応する薬剤を点滴により注入し、その薬剤が新生血管に到達したときにレーザーを照射する治療法です。薬剤はレーザーに当たることで活性化し、新生血管を閉塞します。レーザーは網膜に障害が出ないレベルの低出力のもので、新生血管以外の組織にはほとんど影響を与えません。必要と判断すればPDTが可能な施設へ紹介させていただきます。

ここでご紹介した治療法は、滲出型加齢黄斑変性に対するものです。早期に治療すれば、視力回復の可能性も高まりますので、早めのご受診をお勧めします。なお、萎縮型加齢黄斑変性に対する決定的な治療法は現在、また確立されておりませんが、滲出型に移行する危険性もありますので、目や見え方に異常を感じたら、ご遠慮なくご相談ください。

医院概要

院 長
奥野真知子
診療科目
眼科一般・白内障・緑内障・加齢黄斑変性・糖尿病網膜症・網膜静脈閉塞症・日帰り白内障手術・日帰り硝子体内注射・日帰り緑内障手術
住 所
〒567-0802 
大阪府茨木市総持寺駅前町5-32ハウスコエリII 1F
電話
072-622-9110
アクセス
阪急総持寺駅より徒歩1分
JR総持寺駅より徒歩7分
駐車場
専用駐車場2台完備(大阪府茨木市総持寺駅前町1-32 ハイムエーデルの1番と2番)
診療時間
9:00~12:00
16:00~18:00

休診日:日曜日、祝日

072-622-9110
このページの上へ